PDFC--001

日本中が寒波に翻弄された今冬ですが、皆様の地方はいかがでしたでしょうか?

 

電気・ガス・水道などのライフラインが天災で停止し、重要性を再認識した方々もいたと思います。

天災でも特に地震は、阪神淡路・東日本・熊本と引き続き、現代の我々の生活・仕事・行政に関する考え方にも影響を与えてきました。

その中でも停電は冷暖房・通信・照明・調理など影響が大きく、少しの間のストップでもストレスが高まるものです。

停電になると、都市ガスやプロパン、油燃料をバランスよく使用していなかったことが後悔されます。

ガスストーブ・ファンヒーターなどは、停電すると使えないものが大半です。

そのような時に備えて持ち運びが可能なポータブル自家発はいかがでしょうか?

ガソリン・プロパン・都市ガスで稼働します。
3000W ※くらいあるので、事業所・事務所向けです。
インバータ付きなので、パソコンも利用できます。
LPガスボンベ8kgで約13時間動きます。
停電でもガソリンが無くても都市ガスが生きていれば動きます。
セルスタートで始動も簡単、しかもバッテリ切れのための手動スタータもあります。
32kgと軽量なので、イベントでも使えます。

※5KVA機種もあります。

スマホなどはポータブル太陽電池などでも充電できますが、これならパソコンやサーバー・モデム・ルーター・プリンター・電話機などを稼働して小さなオフィスなら仕事が続けられます。

1183_12bousai03

地震や台風などでは停電しても都市ガスが使用できる場合があり、プロパンガスタンクがガス欠でも都市ガスで動かせます。当然ながら、ガス関係がすべて供給不可でもガソリンでで動かせます。

 

メンテナンスはオイル交換やバッテリーチェック等、単なる自家発電ですので、メーカーや我々代理店・取次店でなくとも簡易に地域にもメンテできる業者は多いはずです。

自治体の指定避難所や地域の公会堂をはじめとして、弱者の多い幼稚園・保育園・福祉施設はもちろんのこと、非常用自家発が常備されない中小規模事業所において、事業継続計画(Business continuity planning, BCP)対策としていかがでしょうか?

お引き合いをお待ちいたします。